初回点検で分かった。『スヴァルトピレン 701 Style』のオイル交換は、少し手間。

ハスクバーナ スヴァルトピレン 701 スタイル Husqvarna バイク

どうも、ミツヒコ(@monotolife)です。

「バイクは自分でオイル交換をしよう!」そう思っていた僕ですが、初回点検でオイル交換をしてもらった際、決めました。プロに任せよう、と。

今回は、svartpilen 701のオイル交換時に覚えておかないといけない二手間を紹介します。参考になれば幸いです。

目次:

  • 手間ポイント1:エンジン下のパーツ外しが必須
  • 手間ポイント2:下部タンクはオイル洗浄が必須

手間ポイント1:エンジン下のパーツ外し必須

エンジン下にある黒いパーツ。オイルフィルターとオイルの抽出口はこれより上部にあるため、パーツを外さないとオイルでベタベタになります。

こんな感じ。

更に次に書きますが、オイルは下部タンクにそのまま伝っていきます。普通は下部にボルトがありますよね?そこから直にオイルを捨てられますよね?

まぁ、デザインの都合上仕方ないのかもしれません。

手間ポイント2:下部タンクはオイル洗浄が必須

パーツは外したので、無事にオイルは付かなくなりました。

ところが、パーツを外しても構造上、下部タンクにはオイルがダダ漏れです。そのため、オイル交換後はパーツクリーナー+水洗いが必須になります。

パーツクリーナーでしっかりオイルを落としてから、

乾拭き。さらに、この後外で水洗いまでしていただきました。丁寧な対応、ありがたい。

*

もちろん、これらの作業はできないことはないでしょう。

でも、パーツクリーナーで落ちきらないオイルを水洗いするのは、少しハードル高いと思いました。流す場所も気を使いますし。

洗浄後に、しっかりオイルを入れてもらいました。

最後にPCと繋いでシステム診断。何事もなく一安心。

***

ということで、オイル交換についての情報共有でした。

2000km~3000km毎のオイル交換、自分ですることもできますが僕はMotoworksさんにお任せすることになりそうです。バイク素人の僕にとっては、いろいろ教えてもらえるいい機会ですしね。

今後とも、よろしくお願いします。

*

併せてどうぞ:

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました