町を知る。職人に学ぶ。『瀬戸内ファクトリービュー』に、僕の心が躍りっぱなしだった。

瀬戸内ファクトリービュー SFV 地元のモノ

どうも、ミツヒコ(@monotolife)です。

先日2019年11月2日(土)~3日(日)、広島県府中市と福山市で開催された『瀬戸内ファクトリービュー』。内容は同時多拠点工場見学(?)であり、オープンファクトリーイベント(?)。

この二日間で20社近い企業の工場見学とワークショップが一般向けに開催されて、各社の技術に触れることができました。

「瀬戸内ファクトリービュー」山海にとけこむ、産地に触れる2日間。
広島県府中市と福山市で開催するオープンファクトリーイベント。地元産業である木工・家具・繊維・味噌など工場を巡りワークショップなどを通して、リアルな体験ができる。

今回の記事で伝えたいことはひとつ。

『瀬戸内ファクトリービュー』が面白かったです。文字じゃ伝えきれない部分が多いのですが、写真から雰囲気が少しでも伝わって、『来年行ってみたい』と思ってもらえたら嬉しいです。

どうぞ最後までお付き合いください。

目次:

  1. 世界と渡り合う技術が、地元「備後」にあった
  2. 『木工』:得意分野を超えた先に、繋がる技術
  3. 『繊維』:日本人の2人に1人が履くデニム生地
  4. 『味噌』:国内はもちろんアジア・欧米に販路拡大
  5. 『鉄鋼』:ここでしか、出来ない。職人とデザイン
  6. 『ゴム』:公共空間のゴムタイルと国産スニーカー
  7. さいごに

1. 世界と渡り合う技術が、地元「備後」にあった

広島県福山市と府中市。広島県東部と言うより、もはや岡山県にほど近いこのエリアは昔から「Bingo-備後-」地域と呼ばれています。端から端まで1時間程度離れたエリア。広島市からも2時間弱離れたエリア。

そんな備後地域で開催された「瀬戸内ファクトリービュー」。約20社が参加しました。

  • 日本五大家具で有名な府中家具の木工技術
  • 2人に一人が履いているデニムの生産地域
  • 欧米を中心に海外販路を広げる味噌メーカー

など、日本国内はもちろん世界を相手に取引する参加企業。

*

こんな記事を書いている僕ですが、企画会議に参加するまで地元企業を1社も知りませんでした。恥ずかしいやら、寂しいやら。

例えばオリンピック関連の表示器も作っている地元の看板制作企業。

地元にオリンピックに携わる企業があることに驚きながら、工場見学をさせてもらいました。

企業の取り組み・工夫が沢山感じられました。

*

18歳まで育った地元なのに、知らないことがあまりにも多い。初年度にも関わらず来場者が2000人を超えた本イベントの魅力が、少しでも伝われば嬉しいです。

2.『木工』:得意分野を超えた先に、繋がる技術。

額縁を長年作ってきた企業が作るのは、椅子。

額縁を作る技術が、

例えば椅子の継ぎ目に活かされる。

***

国産ベッドの制作。

1つの工場で完成形まで組み上げる企業。

一つ一つ、丁寧な手作業。

***

手作りながら、繊細で気密性の高い桐箱。

サイズやデザインも豊富。

当日は、桐箱のデコレーションワークショップ .

***

ソファーメーカーは、

木も革も扱う。

ショールーム内では2種類のワークショップ。

「革」のワークショップ。

カードケース周囲を仕上げる「コバ磨き」体験。

同じ会場で「木」のワークショップ。

箸かスプーンを選んで削り出す。

***

家具のショールームには、 兵庫県からも出店。

一日限りの出店に、偶然来店したお客さん。

産地や製品の質問、話が弾む。

ワークショップは、木の模様を選んで

ペン立てのデコレーション。

家族連れが沢山訪れていた。

***

精巧な車両用木型を作る企業が、

長年作り続けてきたiPhoneケース。

同様の精巧な技術で削り出すヘッドホンハウジング。

美しさに加えて、木毎に音の広がりも変わる。

木に対する知識も愛も、目の前で話が聞ける。

『職人しか知らない、最後に蜜蝋を塗るときの感動を伝えたかった』

そんな想いと共に木製の蝶ネクタイを削り出し、磨くワークショップ。

***

各社とも、僕が書き尽くせないほど木工への愛が溢れていました。

3.『繊維』:日本人の2人に1人が履くデニム生地。

デニム製品を縫い上げる

職人たちの現場。

*

デニム製品づくりを学ぶ教室。

卒業までに、

1本のデニムパンツを縫い上げる。

***

デニムの縫製工場。

絶え間なく轟轟と動き続ける精密機器。

デニム生地の織目。

縦糸と横糸の組み合わせが特性をつくる。

製品になる前、

糸の匂いだって嗅げる。

自分が買って何気なく日常で履いていたデニムが、

良く調べると地元企業の製品だった。

この驚き…伝わるだろうか。

4.『味噌』:国内はもちろんアジア・欧米に販路拡大。

工場見学の前に振る舞われたお味噌汁。

広い工場の中にIoTセンサーを多数配置。

実はハイテク企業。

年季の入った味噌樽たち。

大きい。

味噌が出来上がり、

詰め込まれる。

出来立ての味噌は、

温かい。

振る舞われた味噌汁。

舌触りがしっかりあって、でも柔らかい味。

日本人の、僕の故郷の味。

5.『鉄鋼』:ここでしか、出来ない。職人とデザイン。

熱で、斬る。

「溶断」

熱で、削る。

「溶流」

仕上がった瞬間

熱が残る。

叩いて、

強度を高める。

熱い鉄を投げても燃えない、

昔ながらの土床。

イベントロゴ。

鈍く光る黒が美しい。

火を扱う職人。

ロマンを感じずには、いられなかった。

6.『ゴム』:公共空間のゴムタイルと国産スニーカー。

公共空間に使われる

ゴムタイルメーカー。

ゴムの技術をスニーカーソールに応用し

完成させた国産スニーカー。(の、ミニチュア)

革を選び、型から切り出してソールと組み合わせる

「ミニチュア靴づくり」ワークショップ

ソールも、革も。製品に使われるもの。

僕はこの靴のファン。

柔らかなゴムの手触りが、楽しかった。

7.さいごに

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

僕の興奮やワクワクは伝わったでしょうか。

*

当たり前のことですが、二日間ではとても全ての企業を回ることができないイベント。それでも、回った企業すべてで驚きと発見がありました。

何よりも、地元にこれだけの企業があることを誇らしく感じたことが、嬉しかった。

***

イベントに並行して、1日目の夜に開催された「手に職、暮らしミーティング」

地元からだけでなく東京や福井、兵庫からも人が集まり、町が面白くなるために今僕たちができることを話し合った夜。まさか、こんなにたくさんの人が集まるとは。

懇親会にも沢山の人が参加して、様々な業種の視点とアイデアが混ざり合う夜になりました。

*

「瀬戸内」の一部にある「備後」地域に、技術を持つ企業が集まっている。そこで働くのは、拘りを持ちながらも優しくて、製品と技術への愛が深い職人たち。

それを見学し「面白い」と感じた、異なる地域から訪れた人たちとのつながり。

今回のイベントを通して、僕は地元からもっとスゴイことが起こる予感がしました。

同時に思ったのが、

『僕らだけが体感するのは、もったいない。』

*

ぜひ、この記事を読んだ人が未来の『瀬戸内ファクトリービュー』に足を運んでくれたら嬉しいです。まずは来年2020年11月、職人の技術にワクワクしに来てください。

土地を巡る観光の枠を超えた、更に深い面白さがあることを保証します。

備後地域、面白いよ。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました