THE 正統進化。富士フイルム『X100V』はさらに美しく。

X100Vカメラ

どうも、ミツヒコ(@monotolife)です。

僕が愛して止まないカメラメーカーFUJIFILMから、最新のレンズ一体型カメラ『X100V』が発表されました。3年前に発売された現行のX100Fを使っている僕としては、とても気になる機種です。(画像引用:FUJIFILM

*

2月末に「CP+」というカメラ見本市が横浜であるため、その前日までに各社大きな発表をするのですが、今回のX100Vに関しては思っていた以上に早く発表がありました。

見た目には大きな違いがなくても、X100シリーズはもう5代目。僕の中ではX100Fにて一度完成したと思っていましたが、X100Vではどうなったのか。変更点を中心に見ていこうと思います。ワクワク。

目次:

  1. 新設計23㎜F2レンズとアルミボディ
  2. 初の防塵防滴に対応する専用装備品
  3. 背面チルト式モニターの採用(ただし2軸)
  4. おわりに

1. 新設計23㎜F2レンズとアルミボディ

レンズ、変わるそうです。以前、僕がX100Fを購入してすぐにこんな動画を投稿しました。

【敢えて3つ】X100Fのここが惜しい!【紹介動画・Review】
Youtube

レンズ特性の一つ、「F2での描写が緩い」。

良く言えば描写が軟らかいので好みが分かれるところなのですが、FUJIFILMのX-T1 +35mmF1.4というレンズのF2に比べてかなりホンワカした写りでした。当時、とても不思議だったのを覚えています。

恐らくこのあたりの違いが生まれるのかな、と感じています。

*

そして、ボディがマグネシウム変わってホットシューにカバーが入りました。シューカバーいいね。

正面から見ると、微妙にシルバーとブラックの境界デザインが変更されています。直線になって、なんというか、よりライカっぽくなった印象。

画像引用:FUJIFILM

先代のX100Fを見ると、ホットシューがやや飛び出していたり、前面のレバースイッチがシルバーと黒に跨ったりしています。 X100Vでは完全に真っすぐ。綺麗ですね。

X100F

マグネシウムとアルミの質感は、どのくらい違うかも気になるところです。重量はチルト液晶が入っても数グラム程度しか変わらないそうなので、アルミボディの恩恵がありそう。

小さな設計変更としてはMicro USBからUSB type Cへと変更がされています。給電・データ転送速度の向上が見込めるので嬉しい変更ですね。

あと、ISO感度ダイヤルが変更時にカチッとロックしてくれるみたい。これも嬉しい(今はダイヤルを引っ張りながら変更する仕様)

2. 初の防塵防滴に対応する専用装備品

これは心強い新設計。

専用装備品と言っても、必要なのはレンズ前面に取り付けるアダプタ+レンズプロテクタ。 (「AR-X100」と「PRF-49」) ボディには元から約70カ所のシーリングを施して防塵防滴仕様へ変更されています。

画像引用:FUJIFILM

チルト式の液晶モニタを採用しながら、ちゃんと防塵防滴仕様まで持ってきてくれるところに富士フイルムからユーザーへの愛を感じます。あとは、テレコンやワイコンも以前からのモノが流用できるとのこと。素晴らしい。

*

僕はX100Fを旅カメラとして使ったのですが、何度か雨の中で使いたくなりました。その際には専用カバーを傘代わりに撮影しましたが、X100Vなら堂々と雨の中でも撮影できそうです。(ただし、「防水」ではなく「防滴」である点に留意)

3. 背面チルト式モニターの採用(ただし2軸)

画像引用:FUJIFILM

遂に来たチルト式背面液晶モニター。

画像引用:価格,comマガジン

通常はチルトするなんて思えないほどに綺麗なモニター配置です。これには感嘆。

画像引用:価格,comマガジン

こういう細やかなデザインが良いですよね。欲を言えば、X-T3のような3軸チルトが欲しかったです。

モニター横のボタン類はかなりスッキリしましたね。

4. おわりに

X100Fから正統進化を遂げたX100V。綺麗じゃん。

*

改めて書いておくと、僕がFUJIFILMを使う理由に「撮る楽しさが感じられる」「写真の色が好き」「カメラデザインが綺麗」の3つがあります。このすべてを着実に進化させているX100Vは好きです。

今週末2月7日から予約が開始され、シルバーモデルが2月下旬発売、ブラックモデルが3月発売予定とのことです。すぐに買い替えはないと思いますが触ってみたい。

そしてX-Pro3の画像エンジンやフィルムシミュレーションも網羅しているのが流石すぎる。楽しみな製品です。

X100V [画像引用:FUJIFILM ]

***

併せてどうぞ:

お散歩カメラにもオススメ。富士フイルム X100F『専用レザーケース』が便利な話。
僕が愛して止まないfujiiflmのコンパクトカメラ X100F。後継機X100Vが出た今ですが、改めてX100Fの良さを感じている日々です。正確には、X100Fの専用レザーケースとX100Fの組み合わせがすごく便利なんです。中々お散歩でき
新しいタブで開く)

それでは、また。

コメント

  1. liku より:

    ミツヒコさん、こんばんわ。

    こちらのサイトでX100Fを知ってから、すごく欲しいなと思っていたので
    X100Vの登場は、かなり心を揺さぶられておりますw

    小遣い制の身分ですので、どうすれば買えるのかと
    風呂場で毎日考えていますが、今のところは買えなさそうです(泣

    もし購入されましたら記事作成をお願いしますね^^

    • コメントありがとうございます。X100Vは、感じられている通りとても良い機種になると思います。
      ただ、金額についてはお察しいたします…。悩ましい限りですね。

      予算的な妥協案として型落ちのX100Fで程度が良い中古を探すのも手かなと思いますよ。僕もX100Fにはとても満足しているので。
      また何か進展があれば、どうぞコメントしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました