このカメラ、買いなのか。富士フイルムの『X-T4』について考える。

カメラ

どうも、ミツヒコ(@monotolife)です。

本来なら2月末からのカメラ見本市「CP+」で発表予定だったFUJIFILMの最新ミラーレス一眼『X-T4』。

X-T4
画像引用:富士フイルム公式

僕はシリーズ初代のX-T1を5年以上使っています。デザイン、写り、シャッターフィーリング、全てを満たしてくれるカメラ。そんなカメラの後継機、発表前からずっと気になってました。

そして速報含めて1週間、いろいろと情報を見てきました。

そんな今の僕がこの最新モデルに買い替えるかと聞かれたら、個人的には買い替えません。全てがスペックアップした良い機種なのになぜなのか。そのことを含め書いていきます。

目次:

  1. 手ぶれ補正機能を含む機能の大幅向上
  2. 動画性能にも配慮したバリアングル液晶
  3. ところでX-T4は誰に向けたカメラなのか
  4. さいごに

1. 手ぶれ補正機能を含む機能の大幅向上

遂に、X-Tシリーズで初めてのボディ内手ぶれ補正が採用されました。

レンズ内手ぶれ補正と併せて最大で6.5段分。1秒シャッターも気軽に撮れそうな性能です。カメラマンにとってはとても嬉しい機能。

X-T4ボディ内手ぶれ補正
画像引用:富士フイルム公式

手ぶれ補正の強さについては富士フイルム公式が、レンズとの併用による手ぶれ補正量を記載しています。今までは最上位機種『X-H1』にのみ採用されていた手ぶれ補正機構も、より強力になっているのがわかります。

手ぶれ補正
画像引用:富士フイルム公式

ただ、今までフラグシップモデルの位置づけだったX-H1が、なんだか少しかわいそう。

画像引用:X-H1(富士フイルム公式)

今ではX-T2よりも安価に売られています(2020年3月4日現在)

手ぶれ補正機構を搭載して、上部の情報量を高めた剛健なモデルが2年で半額以下。確かに大きくて重量もあるのでX-Tシリーズの方が汎用性は高いのですが何とも、哀しい気持ちになりますね。

2. 動画性能にも配慮したバリアングル液晶

動画需要が増えている昨今で特にYoutuberに朗報のバリアングル液晶。レンズ側まで回せるため、自撮りにも対応しています。手を上に伸ばした時にも、便利。とはいえ僕は、チルト液晶の方が好きです(その場では上下に動かないから)

画像引用:フジヤカメラ

さらに動画性能も向上。

特に「STILL」「MOVIE」の切り替えスイッチがシャッター横のダイヤルに併設されていて、メニューも特別設計。写真専用機から、写真と動画の併用機になったみたいですね。

動画性能
画像引用:富士フイルム公式

いよいよ、X-H1の出番がなくなるのは良くわかります。

3. ところでX-T4は誰に向けたカメラなのか

ここまでをまとめると

  • 手ぶれ補正搭載
  • 動画性能向上
  • バリアングル液晶
  • 不変の外観デザイン

と、最高なカメラに見えます。

でも、なぜかワクワクしなくなってしまった僕が居ます。その理由をいろいろ考えた結果、「写真を撮る楽しみ」から遠ざかったからかなと感じました。

X-T1 35㎜ 富士フイルム fujifilm
愛機 X-T1 + 34mmF1.4

写真は、本来メカニカルなフィルムカメラでも撮れる手軽なものです。それが、気付いたら「画質」「手ぶれ補正」「高感度」「動画」・・・と機能を追求しているカメラメーカー。

もちろん、それも大切。僕がX-T1を買った理由は「優秀なファインダー」とデザインの兼ね合いが購入の決め手でした。

X-T1で手持ちマニュアルフォーカス(jpeg無加工)

そんな5年以上前のX-T1でも、素敵な写真はたくさん撮れます。AFが遅かったり、高感度に弱かったり、ホワイトバランス調整が難しかったりいろいろありますけどね。

*

改めてX-T4を見るとなんだか、機能競争ですぐに古びていくような気がします。それが、たぶん僕が買いたいと思わない理由。

4. さいごに

ここまで書きましたが、商業的に見ればX-T4はベストバイだと思います。

特に作品を「作る」人や、動画と写真の兼ね合いをしていきたい人。僕も動画を撮りたいので、そういう意味ではめちゃくちゃ欲しいのが本音。

画像引用:富士フイルム公式

でも、「写真家」が買うカメラではない気がしたので今回の記事を書きました。もっとシンプルでいてほしい。X100シリーズが愛されている理由はそこに在る気がしています。まぁ、写真専用ならX-Pro3にしなさいってことかな?でも、レンジファインダースタイルは苦手です。

皆さんは、どう考えますか?よかったらコメントお待ちしております。

*

それでは、また。

併せてどうぞ:

旅のカメラは『FUJIFILM X100F』が良い。
僕の大好きなカメラFUJIFILM X100Fが旅に最適な理由を、 4点書いていこうと思います。
FUJIFILM『X-T1 + 35mm1.4F』で、僕は写真が好きになりました。
...
【紅葉を撮る/2019.11】FUJIFILMの写りは、心地よい。
大好きなFUJIFILMのカメラ2機で紅葉を撮りに行きました。Jpegそのままで気持ちいい写り。X100FとX-T1は良いカメラです。

コメント

  1. liku より:

    こんにちは。
    いつも楽しく記事を拝読させていただいております。

    手振れ補正があるのは良いことですよね。
    でもまぁ素人考えでも、X-T4は動画機能を強化したってイメージです。

    私はRX100MkⅢというカメラを持っていますが
    MkⅣがそんな感じでした。
    でもそのおかげでMkⅢが安く購入できるようになったので有難いと思いました^^

    余計なご報告ですが、こちらのサイトの影響(?)で
    X100Vを予約購入いたしました。

    初期ロット品という事で、不安な面もありますが
    ガシガシ使っていこうと思います!

    良いものを教えていただきありがとうございました^^

    • likuさん、コメントありがとうございます!なんと、X100V予約ですか。それは羨ましいかぎりです!片落ちの値段が下がるのは、確かに狙っていたユーザーとっては嬉しいですね。

      初期ロットは確かに僕も不安を感じます。。でも、欲しい人たちのなかで一番に使える喜びには勝てませんよね。素敵なカメラライフになりますように。

タイトルとURLをコピーしました