撮る楽しさを、シンプルに。Canon『iNSPiC REC』は、たぶん楽しい。

キャノン カメラ カメラ

どうも、ミツヒコ(@monotolife)です。

クラウドファンディングサイト Makuakeで1000台を瞬時に完売させたアソビカメラ『iNSPiC REC』について、今日は書いていこうと思います。(画像引用:CANON

Makuake|防水・小型でシーンを選ばない!CANON新ウェアラブルカメラiNSPiC REC|マクアケ
iNSPiC RECとは? 日常にある「記録に残っていない」大切な瞬間。そんな瞬間に活躍するのがCANON「iNSPiC REC」です。気の知れた仲間とのアウトドアや、子供のふとした表情・思いがけないタイミングで訪れる初めての経験。そんな大切な瞬間を「記録」だけでなく「記憶」にも残す。iNSPiC RECはそのための...

デザインを見た瞬間「これは楽しそう」と想像できたことに驚き。

*

12月末に発売予定のこのカメラでできることは、「シャッターを押して写真や動画を撮ること」。

当たり前に聞こえますが、これ以外の機能が本体からは省かれています。その代わりにあるのが、カラビナフックも兼用の正方形「ファインダー」

画像引用:Makuake

この設計に惚れています。まだ購入していないですが、気になります。

どうして、面白いと感じるのか。今回はそこをまとめていこうと思います。

*

目次:

  1. 目の前の景色を切り出すファインダー
  2. 撮った写真をすぐ確認できないワクワク
  3. 持ち出す意欲をグッと高める小型防水カメラ
  4. 目的は『綺麗な写真』よりも『撮る楽しさ』

1. 目の前の景色を切り出すファインダー

誰でもスマホで写真が撮れる時代に、僕が敢えてカメラを使う理由の一つが「ファインダー」です。

これはカメラが良くてスマホが悪いわけではなくて、それぞれの用途がある感じ。

例えばスマホで撮る写真って、水平を決めにくかったり色味が補正されすぎたりします。良く言えば「偶然」面白い写真が撮れることがあって、これはこれで好き。

ただ、もう少しコントロールしたいときがある。特に意識するのは「何を写して、何を写さないか」

ファインダーは「ここからここまで写っています」って教えてくれるので、その中で動いて撮るのが楽しいわけです。

大好きなFUJIFILM X100F

*

ファインダーには大きく2種類あります。

  • 光学式ファインダー
  • 電子ビューファインダー

それぞれにメリットとデメリットがあり、一般的な小さいデジカメやミラーレス一眼で採用されているのが「電子ビューファインダー」。今回のは、大きく分けると「光学式ファインダー」。

要は、見たままの世界。

画像引用:CANON

これ、楽しいんですよ。

FUJIFILMの「写ルンです」が、未だに売れ続ける理由もきっとこれ。

画像引用:FUJIFILM

世界を、切り取る。

いいね。

2. 撮った写真をすぐ確認できないワクワク

少し前に書いたカメラの記事でも触れています。

FUJIFILMが発売した最新機種X-Pro3(2019.12現在)の液晶を敢えて隠す設計にしました。

記事で書いたのが、ライカが2014年に発売したM60という機種の開発インタビュー抜粋です。

カメラの主流がデジタルになってから、ユーザーがカメラに目線を落として操作している時間が長いことに気付き、「いっそ取っ払っては」と考えたのだそうだ。

英語にはChimping(チンピング)という表現があるという。デジタルカメラで撮影しながら、1枚撮ってはモニターで確認し、また撮ってはモニターを確認……というスマートでない様子を指す。
一方ライカM60は、試し撮りを確認する液晶モニターすらないので、撮ったらパソコンに取り込んでみるまでわからない。いわば「アンチ・チンピングカメラだ」と笑う。

引用:デジカメwatch 独ライカカメラ社キーマンインタビュー
【フォトキナ】ライカ、液晶モニターのない「ライカM Edition 60」 フルメカニカルのライカM-Aも。ズマリットMがリニューアル
 ライカカメラAGは9月16日、フォトキナ2014の会場で新製品発表を行なった。本稿では誕生60周年を迎え、今回記念モデルも登場したM型ライカに触れる。その他のシリーズの新製品については追ってレポートする。

撮った写真をすぐに見返して「構図」「色味」を検討する癖。仕事なら仕方ない部分かもしれませんが、写したい被写体を「見る」時間がドンドン減っている事実。

このカメラなら、時間は全て「撮る」時間に。

写真を撮る感覚を、変えてくれる予感。

3. 持ち出す意欲をグッと高める小型防水カメラ

画像引用:CANON

このバッグにさっと掛けて出かける感じ。良いですね(写真の意図のインパクトスゴイ)

あと、値段もちょうどいい。カメラは「レンズを傷つけないように」と思うので、多少ラフに扱えるのは楽しそう。スマホよりも出番が増える気がします。

そして、防水。

画像引用:Makuake

発表時のイベントレポートがありました。

「iNSPiC RECのコンセプトは、“RECORD EVERYDAY 〜撮り遊ぼう〜”です」

引用:デジカメWatch キヤノン、新コンセプトカメラ「iNSPiC REC」発表会レポート
キヤノン、新コンセプトカメラ「iNSPiC REC」発表会レポート 未開拓のユーザー層へアピール イラストレーター横峰沙弥香さんによるトークショーも
キヤノンは12月5日、新製品ウェアラブルカメラ「iNSPiC REC」の発表会を午前と午後の2回に分けて開催。午前の部はガジェットを中心とした媒体向けにマーケティング戦略と製品紹介を、午後の部では女性誌や一般誌向けに商品コンセプトの説明に加えて、人気イラストレーターの横峰沙弥香さんを迎えたトークショーが行われました。

わかる。

4. 目的は『綺麗な写真』よりも『撮る楽しさ』

作例があるのMakuakeのみ。

Makuake|防水・小型でシーンを選ばない!CANON新ウェアラブルカメラiNSPiC REC|マクアケ
iNSPiC RECとは? 日常にある「記録に残っていない」大切な瞬間。そんな瞬間に活躍するのがCANON「iNSPiC REC」です。気の知れた仲間とのアウトドアや、子供のふとした表情・思いがけないタイミングで訪れる初めての経験。そんな大切な瞬間を「記録」だけでなく「記憶」にも残す。iNSPiC RECはそのための...

これを見る限り、写りとしてはハイエンドスマホに劣る印象。動画も綺麗とは言えないかな、と思いました。

iNSPiC REC作例動画 2【キヤノン公式】

それでも、このカメラにワクワクするのは「撮ること」が近くなる感覚。

日常にある「記録に残っていない」大切な瞬間。そんな瞬間に活躍するのがCANON「iNSPiC REC」です。

気の知れた仲間とのアウトドアや、子供のふとした表情・思いがけないタイミングで訪れる初めての経験。そんな大切な瞬間を「記録」だけでなく「記憶」にも残す。iNSPiC RECはそのための全てを詰め込んだCANONの新型カメラです。

引用:Makuake iNSPic REC プロジェクトページ

うーん、面白い。

スマホを取り出すよりワンテンポ早く、そして子育てママにも嬉しいタフ設計。

***

<本体詳細>
外形寸法:幅110.5mm×高さ45.2mm×奥行き18.5mm
重量:約90g(フェイスジャケットを含む)
防水・防じん性能:IP68等級(水深2mで30分までの撮影が可能)
耐衝撃性能:2m
インターフェース:micro USB2.0/Bluetooth4.2
位置情報(GPS):記録可
使用可能温度:-10℃〜40℃
動画撮影可能時間:約60分(フルHD/60p撮影時)
静止画撮影可能枚数:約1000枚(CIPAガイドライン準拠)
充電時間:約180分(フル充電、温度15℃〜32℃の時)
専用アプリ:Canon Mini Cam

<カメラ機能詳細>
有効画素数:約1300万画素
ズーム:固定
焦点距離:25.4mm(35mmフィルム換算値)
撮影可能距離:50cm-
ISO感度:オート(ISO100-3200)
ホワイトバランス:オート
露出補正:オート
手ブレ補正機能:あり(動画時のみ/電子式)
記録媒体:microSD/microSDHC/microSDXC
静止画記録形式:JPEG(Exif2.31 準拠)
動画記録形式:MP4
アスペクト比:4:3、1:1 ※初期設定は4:3

***

オモシロイだろうな。でも、色合いとかは気になるな。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました